プロフィール

白い戦闘員

Author:白い戦闘員
偽りの真珠で飾った薔薇の花束を探す者

最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

卒業ヨーロッパ旅行 9
ローマの次の滞在地はフィレンツェでした。
電車に乗ること1時間半ほどでフィレンツェに到着しました。
ユーロスターは新幹線みたいなもんなので、静かだしボックス席だし
すごい快適でしたね、電車からの風景はまぁ家ばっかりで特に感想無し。
あとやっぱり落書きが多かったね、壁だけじゃなくて家にも書かれてるので
やっぱり日本じゃ考えられないよね、さすがに家に書く奴はいないし。
フィレンツェに着いてからはまずチェックインを済ませました。
でもフロントの人の英語が訛り気味ですごい聞き取りづらくて、
ホテルの説明中に「アンバシャトーリ??」という単語を連発してて
何言ってるかよくわかんなかったりと不安だったんですが、
一応部屋まではボーイさんが案内してくれたので大丈夫でした。
着いて部屋を見てみると、びっくり仰天なんとダブルベッド。
海外ではよくあることだけど、やっぱりそうなんのね・・・って感じでした。
なんだけどもう一部屋はシングル2つの普通のツインで、
だったらツインで統一してくれよ!って気持ちでしたが、
この時点で時間が迫っていたので文句を言う時間も無く
すぐトランクを置いて再度サンタ・マリア・ノヴェッラ駅へ。
というのもこの日はピサの斜塔に行くという予定を俺らの中で立てていて、
調べた電車に間に合うように急いで出る必要があったのです。
フィレンツェは1泊2日しか滞在出来なかったので、
色々と詰め込む必要性があったのでこんなハードスケジュールになりました。
で、ピサの斜塔なんて超有名だから電車の本数もがっつりあるのかと
思ってたんですが、1時間に2本あるかないかくらいで
なんと京葉線の各駅の本数以下でした、意外でしたねこれは。
フィレンツェに着いた時点で15時くらいだったので1本逃すと
ピサの斜塔含め観光したい場所が閉館になってしまう危険性があって、
そんなわけで急いで電車に乗りに行ったわけです。
調べた電車には無事間に合い、始発だったので座ることも出来て
午前の疲れを癒すつかの間の休息になったんですが、
電車から見える風景も田舎風景で精神的にもゆっくり休まりました。
この風景で電車の本数が少ないのも納得でした、ピサって田舎にあんのね。
9終了ー
スポンサーサイト

2009.06.24(Wed) | |

卒業ヨーロッパ旅行 8
そんなこんなでコロッセオに入れなかったので、次の目的地である
真実の口で有名なサンタ・マリア・イン・コスメディン教会へ向かいました。
コロッセオから歩ける距離にあったので歩いてみたんですが、
まぁこれが思いのほか遠かったですね、しかもサン・ピエトロの階段登山の
影響もあってまだ午前なのに足がくたくたになりました。
歩くこと30分弱くらいだったかな、それでそのコスメディン教会に到着。
ここも名所だけあって入り口には長蛇の列だったのですが、
なんとびっくりするくらい日本人だらけ、その時流行ってた単語を
引用するとテラジャパニーズ状態でなんというか微妙な心境でしたね。
日本ではかなり有名だけど他の国ではそうでもないのかな?とか思いました。
口に入れて写真を取るお決まりのやつをみんなやっていて、
まぁ俺らもその俗物行為をやって写真取ってきました。
でも俺らのは記念写真じゃなくてマリみての聖地巡礼なんだからね!!!
ベッキーが印刷してきたOVA版マリみてのポーズと全く同じポーズで
写真とってきましたよ、俺はマリみて見てないけど。
巡礼後は来た道を引き返し、コロッセオ駅の隣のMetro駅まで行きました。
途中公園の草むらで寝っころがったりしたのはいい思い出です。
そしてMetroに乗ってテルミニ駅まで戻り、2日間お世話になったホテルを
チェックアウトしてテルミニ駅の駅地下でパニーニを昼食として食べました。
その時の店の店員の姉ちゃんは超美人でいまだに印象残ってますね。
その後もう少しテルミニ駅内のお店をぶらぶらした後、
指定されていた13時前のユーロスターに乗り、ローマを後にしました。
ローマは旅行の1番最初の滞在先だったからってのもあると思うけど、
とにかく街並みが美しく感じた街でしたね。
あとはやっぱりイタリアの中心地ということもあって名所だらけだったので、
テレビとかで見たことはあったけど、実際に生で観ることで感動するものが
とても多かったです、特にコロッセオはグラディエーターの影響で
絶対に観ておきたかったので見た瞬間特に感動でした。
まだ文字数あるけどキリもいいので次に行きます、もう8個目か・・・

2009.06.24(Wed) | |

本当に実現!咲-Saki-聖地巡礼麻雀合宿 1
まだヨーロッパ旅行の日記も途中なわけなんですが
先にこっちを更新しちゃいます、もうヨーロッパから3ヵ月だじぇ・・・
でも日記を常に書かなきゃ書かなきゃって思ってるせい、というかおかげで
未だに旅行は鮮明に覚えてるんだよね、忘れないうちに早く書かないと><
というわけで、話を戻して今回の合宿日記を書いちゃうとします。
1ヵ月前に早朝のテンションで企画した咲の聖地巡礼なんですが、
いい友達のおかげで本当に実現してしまいました。
しかも計らずも合宿と同じ6人という人数、
いや本当にいい友達を持ちました、参加してくれた皆さんありがとです♪
まず旅行の概要なんですが、面子は俺含むいつもの海洋メンバー4人、
そして今年からの新寮メンバーのりょーちん、あとU-5の6人。
交通手段は長野まではレンタカーを借りて行ったのですが
今回は参加者が6人いたので、レンタカーの普通車最低クラスじゃ
全員乗り切れないため、ベネリーさんの自家用車を出してもらって
2台で行くという初の試みをしてみました。
運転手は基本的にレンタカーの方は変わりばんこ、ベネさんは常に運転。
乗客は休憩ごとに適当にぐるぐる回す感じにしました。
旅行内容は聖地巡礼とアニメ第5話の内容をなぞった麻雀、その2つのみ!
じゃあいつもの通り詳しく振り返っていこうと思います。
まず初日13日の7時半過ぎにベネさんの車に無理に5人詰め込んで
東京駅近くのレンタカー店まで移動し、そこでレンタカーを借りました。
そこからは2台に別れて2人と3人で乗り、最初の目的地はU-5家。
一応俺名義でレンタカーは借りたので俺は最初運転でした。
ここから2台なので先導する役かついていく役かを決めたんですが、
俺は先導する役になったのですが後ろに注意しながらの運転。
途中まではなかなかにスムーズに2台で行けていたのですが、
俺が途中でナビの見間違えで急に車線変更したせいで
ベネさんの車は違う道に行く羽目になってしまいちりぢりに。
この件に関しては後で「あれはねーよ」とこっぴどく怒られました、
まぁ俺も「あれはねーよ」と思うわ、確かにひどかったあれは。
そんなこんながありつつ、俺の考えてた予定より1時間ほど遅れた
10時頃にU-5家に到着、U-5を拾って近くの西友で軽く買い物。
飲み物補充も済んでここからいよいよ高速でいざ長野へ!と
行きたいところだったんですが、ここで大きな問題が・・・・・!!
次に続く。

2009.06.22(Mon) | |

本当に実現!咲-Saki-聖地巡礼麻雀合宿 2
意味ありげなつなげ方しましたが、まぁ問題というのは普通に渋滞笑
よくわかんないけど相模湖まで40kmも渋滞してるって渋滞情報に
書いてあって、これは無理だってことで下道で行く事に。
ETCの影響なんだろうけど別に連休でもないのにすごいねほんと。
下道は上が40km混んでるという情報があるとは思えないほど
別に混んでなくて、がらがらでもないけど普通に流れてました。
車内ではavexのaboxの心地よいサウンドが流れてました。
相模湖前で若干混んだもののそれ以外はほんとに全然順調で、
相模湖から高速に入り、談合坂、双葉のSAで休憩を2回挟みつつ
高速を吹っ飛ばして順調に長野に到着することが出来ました。
俺は談合坂までレンタカーを運転し、双葉から長野までベネさんの車を
運転させてもらったので久々の長距離運転でストレス解消できました。
しかし軽自動車はほんとにパワーないね、びっくりするくらい上りで
スピードが上がりませんでした、普通車乗ってると感じないもんなぁ。
あと談合坂は大学1年の頃に高校仲良し4人組で行ったときにも寄ってて、
インドッグに爆笑してたのを思い出して懐かしくなったなぁ、
まだあったよインドッグ、食べなかったけど笑
話を戻すと、ホテルの最寄ICを下りた時点で時間は15時前くらいでした、
ちなみに15時がチェックイン予定時間だったのでこの時点で遅れ。
昼飯はどっかで食う予定だったんですが、お菓子とか軽食とか食べてて
みんなそこまで腹減ってなかったので道の駅で軽く間食を取る程度で
済ませました、10年ぶりに峠の釜飯が食べれて懐かしかったですね。
そこから20kmくらい山の方に行くことでホテルに到着しました。
部屋は想像よりも結構良くて、しかも2部屋取ってたので
スペース無駄に余ってました、結局1部屋は仮眠室にしました笑(咲参照)
なんだかんだで結構長旅だったのでみんなで付いた途端ぐだー。
ちょっとした後俺とハスキーはアニメ通りにとりあえず風呂に行き、
りょーちんとベネリーは買出し、わーぶらとU-5はうつらうつら。
まぁ息抜き旅行ならこのままでもいいわけなんですが、
今回はそう、合宿なんですよ、というわけで2人を叩き起こしいざ麻雀開始。
麻雀開始が18時前で飯時間が19時だったので東風が終わったところで
飯の時間になってしまい、飯を食べる広間みたいなところに行く事に。
まだ続く。

2009.06.22(Mon) | |

本当に実現!咲-Saki-聖地巡礼麻雀合宿 3
飯は口コミでやたらと量が多いみたいなことが書いてあったんですが、
その通りかなりのボリュームで相当腹いっぱいになりました。
どれもこれも個人的には当たりな物が多く、ビールはもちろん美味いし、
料理も美味いし、みんなで馬鹿笑いは楽しいしで旅行気分を
堪能して大満足な夕飯でした、やっぱいいねーあーいう空気感は。
まぁなんか美味しんぼのネタ披露会みたいになってた気もするけど笑
部屋に戻ってからはいよいよ本格的に麻雀を開始。
エトペン改めマリアさんを手に頑張る俺村和を演じつつ、
手堅く打って最終的には全体2位をキープでした、まさにのどっち。
途中この日2度目の風呂をわーぶらと入りに行き、貸切だったので
それをいいことに露天で延々ひどい話をしたのはいい思い出です。
りょーちんには無理させちゃって本当にごめん、3局連続は俺でもしんどい。
麻雀は全体で6局を予定してたんだけど時間の関係で5局が限界でした、
だって5局終わった時点でもう朝5時前、ちなみに次の日の起床時間7時笑
全力で2時間くらい寝て次の日は7時ちょい過ぎに起床。
みんなぐったりしてるところを無理に起こし、
今ここに聖地巡礼の1日が幕を開けました。
というのも朝目覚めてすぐ滝を観に行くシーンがあって、
それを実際にやるためにこんな早く起こしたというわけ。
聖地巡礼なわけでもちろん実際モデルになっている滝を観に行きました。
早乙女滝という滝で、ホテルから歩いて10分弱くらいのところにありました。
ちなみにホテルもこの滝に近いという条件で選んでます、
くまだまさしばりに「なぁ気持ち悪いだろう?」って感じですね。
そこで一通り同じ構図で写真をばちり、久々の聖地巡礼で心躍りましたね。
滝見た後は朝飯、どれもこれも美味かったけど
特にとろろとフレンチトーストが絶品、あれはまた食べたいなぁ。
その後ホテルに来て3度目の風呂に入り、温泉を堪能してチェックアウト。
カラオケ2時間無料券が付いてる謎プランで申し込んだホテルでしたが、
想像以上にあたりでとてもいいホテルでした、また行ってもいいかも。
ちなみにカラオケはやんなかったです、疲れてて無理でした。
そしてこの後いよいよ本格的に長野を回って聖地巡礼です。
まず主人公の通ってる通学路の坂に行ったんですが、
これは結構すんなり見つかり、完全に一致した!って言いながら写真撮影。
次に続く。

2009.06.22(Mon) | |

本当に実現!咲-Saki-聖地巡礼麻雀合宿 4
次に行ったところは漫画の扉絵に載っている橋や火の見櫓だったのですが、
この場所の地図があまり詳細じゃなくて、探すのに一苦労しました。
でも最終的にある程度の感じで行った場所がほとんどドンピシャな場所で、
なんとか探し出すことが出来て本当に良かったですね。
苦労しただけに喜びと感動もひとしおでした。
ここまでのポイントはホテルから近いところだったんですが、
次のポイントは違う市だったので、高速を使って移動して塩尻市という所に。
塩尻市の市民ホールがポイントになっていて、
これはでかい建物なのですぐに見つけることが出来ました。
アニメの構図なんかも全くその通りに記念撮影とか出来て楽しかったです。
この後塩尻市ではお寺、お寺の近くの道、中心街にある立体駐車場の
屋上等のポイントを回って写真とりまくりでした。
そして最後に再度高速を使い諏訪湖に移動して、諏訪湖半で写真を取って
今回予定していた聖地巡礼はおしまいでした。
巡礼とは関係ないけど6人で記念撮影もしてもらって
いい締めくくりになりました、誰だかわからんおっちゃんサンクス!
とまぁいい締めくくりになったわけなんですが、実はこの時点で15時過ぎ。
20時にレンタカーを返さなきゃいけないことを考えるとぎりぎりで、
名産的なものを昼飯で食べようかと思ってたんだけどそんな時間も無く、
結局ジャスコ内の謎お店でご飯食べて急いで東京に。
ちなみにりょーちんは実家である群馬に直で帰るということで、
ベネさんがそれを送りに行ったのでここからは一台でした。
途中までは高速も順調だったのですが、勝沼のあたりから謎渋滞。
下道は空いてた物の高速ほどのスピードが出せるわけも無く、
結局20時には間に合いませんでした。
が、なんと借りていたマツダレンタカーは次の日の営業開始前に返せば
延滞金無しという超優良企業で、延滞金かかりませんでした、贔屓にします!
というわけでこんな麻雀合宿兼聖地巡礼兼旅行でした。
2,3日間は疲れ取れないぐらい無茶苦茶疲れたけど、
それ以上に無茶苦茶楽しかったです♪
最初にも書きましたが付き合ってくれたみんな本当にありがとねー。
少しでも楽しんでもらえたなら幸いですよ、また機会があったら是非♪
熱烈歓迎わんだーらんどだね!(謎締め

2009.06.22(Mon) | |

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。