FC2ブログ
プロフィール

白い戦闘員

Author:白い戦闘員
偽りの真珠で飾った薔薇の花束を探す者

最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

ゴールしました、ぶいっ!
今日はAIRの感想レビューでございます。
ちょっと長いって話を聞いてた割には案外すぐ出来たような気がします。
結局20日かかったのかな、俺にしてはかなり速いペースです。
感想としては、さすがに天下の鍵の名作だけあって良作。
作品内でも一番有名であろう「・・・もうゴール、してもいいよね」は
やっと見れた!っていう感動で一杯でした。
しかし正直な感想を書くと、ちょっと期待し過ぎてたかなという気持ち。
面白いことは面白いんだけど、あまり俺の肌には合わなかったなぁ。
一番の要因は物語の一番最後かな、俺の足りない頭では
いまいちどういうことなのか理解しきれなかったから
感動も半減でした、これ書き終わったら考察サイト巡りしないと。
最後以外も結構伏線回収しきれてないような気がしたんだけどなぁ。
あとは話が全体的に重いのもちょっと個人的にはマイナス。
わかってて始めたんだけど、いざやってみるとやっぱりなんか辛いね苦笑
まぁあと絵は・・・、今ですらあれなのに昔はさらにあれな事になってます。
こまりんは大分可愛くなってると思うよ実際、7年もありゃ少しはうまくなる。

ここまで否定的な意見ばっかりなのでここからはいい部分を。
まずOPムービーの入り方とOPの鳥の唄は俺の中で過去3本の指に入る良さでした。
そしてBGMの夏影ね、この曲きっかけにゲーム始めた様なもんなので
さすがに劇中で聴いた時は感動したね、ピアノサウンドには弱いほんと。
あとシナリオはメインの観鈴ちんよりも断然美凪シナリオが良かった。
話もわかりやすいし、特に最後の屋上のシーンの演出が神懸かってました。
エロゲでCGをうまく使った演出であそこまで感動させられたのは初めて。
AIRやってる中で唯一泣きそうになったシーンでしたね、っつーか軽く泣いた。
今回俺の中での評価を押し上げてるのは美凪シナリオによるところが大きいです。
あとはとにかく途中途中に出てくる言葉が綺麗だね、
そういうのは素直に好きなのでそこも結構高評価でした。

とまぁこんなところかなぁ、面白かったけど絶賛は出来ない感じ。
リトバスと比べちゃうと俺は断然リトバスを取ってしまうね。
やっぱりリトバスはシナリオも然ることながら日常パートの面白さが
本当に秀逸だったからなぁ、最近日常パートの面白さが
意外に重要ってことにやっと気づいた。
シュタゲとかリトバスとか家族計画とかは日常パートも面白かったから
個人的に高評価になってる部分結構あるしね、何より飽きないのがいい。
そんな感想なのでした。
スポンサーサイト

2011.07.11(Mon) | 戯言 | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://ukariny.blog47.fc2.com/tb.php/1045-e4ec3a88
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。